子どものアレルギー症状があった場合はすぐに医療機関へ。

6歳以下の子どもの、7人に1人が植物アレルギーを持っているかもしれないと言う記事を見つけました。
自分の家の子どもは大丈夫だと過信をすることなく、自分の子どもは大丈夫なのかと言う気持ちを持って、確認作業をしていく時間を親が持ちたいものですね。
子どものアレルギーだと思われている人のうち、なんと、1割程度の人は医療機関を受診していないというのですから、本当にアレルギーが心配される子供の場合は大変危険だと思います。
何らかのアレルギーがあると分かっているにも関わらず、医者に行くこともしないで、言葉は悪いですが適当にこれかもしれないと思う品物を食べさせていないと言うのでは、子供の成長にも関わる事態であります。
子どもは子ども自身で、自分の食べるものが大丈夫なのかどうかを、判断することは出来ません。
食べ物の種類を判断出来ないし、文字を読むことも出来ない小さな子どもだからです。
そのことを分かっていないと、親がうっかり、先生がうっかりと言うミスがが起こってしまいます。
医師の指示がないと必要である栄養素を摂れなかったり、不必要な心配をしてしまうと言うモノなのです。
子どもの為に面倒なことかもしれないですが、早めの医療機関の受診につなげて欲しいなと思いますね。

タグ: |